【全国対応】大手探偵から小規模優良探偵まで
費用・サービスプランがピッタリな探偵事務所をご紹介

無料通話0120-783-727

土日祝日も相談可能 電話受付 9:00~20:00

調査費用の相場

浮気・不倫・素行調査などを依頼する際、多くの方が心配される内容の一つが調査費用です。
初めて探偵社に調査を依頼する方が大半になりますので、料金に対して不安や心配があると言った声は日々頂いています。

探偵が設定している料金プランなど調査費用にまつわる内容をまとめていますので、
調査料金で不安がある方は是非、このページを参考にしてください。

時間単位と1日パック単位で見る調査費用

調査費用で一番お金がかかる部分は探偵の人件費です。人件費は見積書や料金案内では調査費用/調査料金として表記されているケースが一般的となり、調査費用には調査時間単位とパック式の料金プランが主に用意されています。

ここでは時間単位と1日パック単位で、どの程度調査費用がかかるのか探偵比較コム提携探偵社の例を使いチェックしてみましょう。

1時間当たりの料金目安

グラフのように、探偵事務所は様々な価格設定をしていまして、探偵事務所の規模、調査力(技術力)、その他(付加価値)に応じて価格は変わります。

また、時間や日単位以外にも料金がかかる場合がありますので、探偵の調査時間にかかるお金以外にどのような費用がかかるか?次の解説をご覧ください。

時間単位と1日パック単位で見る調査費用

主な内訳となります。探偵事務所単位で費用は設定しているので、成功報酬や深夜料金などすべての探偵事務所が導入している費用/料金ではありません。

調査費用調査料金着手金  ※探偵社により発生しないケースも有り
人件費(日当、出張手当、深夜早朝割り増し、危険手当など)
延長料金  ※延長がある時のみ
経費交通費・車両・ガソリン費・宿泊費・飲食費・入場料・その他
手数料報告書作成費など
成功報酬成果に応じて支払う報酬金
探偵比較くん

1時間や1日当たりの料金の目安がついて大まかな調査料金は想定がつくけど、経費や手数料も考えるとなると合計費用が分かりにくいなぁ。

調査費用の経費とは

調査対象者が車や電車、新幹線などで移動の際は証拠を得る為に同じ移動手段を取ることがあり、移動にかかった費用は依頼者が負担するケースも多々あります。

また、調査には証拠を得る為に様々な機材が必要になり、機材費用等が発生する探偵社も存在します。

調査費用以外で料金が発生するケースは珍しくなく、どのような項目があるかチェックしておきましょう。

以下は調査費用以外でお金がかかる可能性がある項目です。

交通費交通機関(電車・新幹線・飛行機・タクシー・バス・駐車料金など)調査対象者を追う際に発生する費用
車両費車・バイクなどを使った調査に含まれる場合があり、
レンタカーを使用した際にも発生する費用
ガソリン費車・バイクなどを使った際に含まれる場合がある費用
宿泊費ホテルや旅館に泊まりで調査が必要な場合に発生する費用
飲食費調査対象者が飲食店に入り調査の為、
探偵も店内で飲食をした際に発生する費用
入場料遊園地やテーマパーク、美術館などの施設に入場した場合に
発生する費用
撮影費カメラ・ビデオでの証拠撮影費となり調査報告に使うテープ
(CD・DVD・ブルーレイなど)の費用も含まれる場合があります
GPSレンタル費GPSを使った調査が必要な場合に発生する費用
探偵社からレンタルで借りられる場合もレンタル費となりますが、
無料でレンタルが可能な場合もあります
報告書作成費調査報告の作成費となり、調査費用とは別に
料金を設定している場合もあります
深夜早朝割増し22時以降の調査や朝5時前からの調査など深夜早朝で発生する費用

すべての探偵社で上記項目の費用が発生するとは限りません。
なお、探偵社が用意する料金プランに経費が含まれている場合もあります。

それでは、探偵社が用意している料金プランがどのようなケースがあるか確認してみましょう。

探偵社の料金プラン

探偵によって料金プランは様々な状況ですが、大きく分けて3つのプランが探偵の代表的なプランとなります。

探偵社を選定する際や選定前に探偵社の料金プランを把握し、ご自身に合うプランを選びましょう。

時間料金制

多くの探偵事務所にみられる料金プランになります。
あなたの依頼内容、状況を考慮し時間、調査員の人数、調査に必要な経費で調査費用が決まるプランです。

時間料金制はいわゆるオーダーメイドを意味し、調査費用は安くなる場合や業界相場を上回る場合もありますので、面談時、相談時に必ず料金の内訳を確認することをお勧めします。

(計算式 例)  1時間辺りの調査員1名の単価 × 人数 + 延長料金 + 経費

経費が含まれてる場合の計算式になります。ただし、探偵社によっては「経費が1時間辺りの調査員1名の単価」に含まれている場合もあります。
また、調査人数が2人からとなっている探偵社もあり、人数×2での料金表になっている探偵社も存在します。

(プラン 例)  6,000円/時 × 20時間 × 2名 + 80,000円/経費 = 合計 320,000円

(プラン 例)  8,000円/時 × 20時間 × 2名 + 80,000円/経費 = 合計 400,000円

パック料金制

パック制は、調査費、人件費、車両費、調査資料作成費、機材のレンタルなど調査に必要なことを含めたパッケージ型プランです。

パック料金となっている為、時間が短く終わったとしてもパック料金での支払いになる場合もあります。

ただし、時間単価で計算すると割安な場合もあり一概にデメリットがあるとは言い切れないプランです。

(計算式 例)  パック料金 + 経費

入場料・宿泊費・ガソリン費などは経費としてパックに含まれない場合があります。

(プラン 例)  素行・浮気調査3日間パック 400,000円

(プラン 例)  20時間(期間1日~1週間内)調査員2名パック 350,000円

(プラン 例)  15時間(期間1日~1週間内)パック 150,000円

プランによる制限時間を超える調査が発生する場合は、延長料金が発生することが一般的です。

成功報酬型

成功報酬型とは、依頼結果/成果に応じて料金を支払うプランとなります。

一番お得で納得がいくプランにも見えますが、成功報酬型の定義を探偵社としっかりと定める必要があり、トラブルも多い料金プランです。

成功の定義を決めていない場合は、浮気調査はしていなかった等の結果を申し立てられ、料金の支払い義務が生じる事例もあります。

成功報酬型プランで探偵に調査を依頼する場合、過去の実績や成功した際の調査料金、着手金の有無、調査中での進捗報告の有無など様々なことを事前に確認する必要がありますので、安く調査ができそうという考えで簡単に成功報酬型プランに申し込まないようにすることが大切です。

(計算式 例)  着手金 + 成功報酬 + 経費

入場料・宿泊費・ガソリン費などは経費として別途料金になっている場合があります。

(プラン 例)  1回の証拠取得につき 300,000円

(プラン 例)  2回目の証拠取得 350,000円

成功の定義が探偵社によって異なりますので、成功報酬プランを選択する際は必ず成功の定義を探偵社に確認してください。

着手金について

着手金とは、契約時に前払いで払うお金になります。すべての探偵社で着手金が必要になることはありませんが、長期の契約の場合などでは着手金が発生するケースが多々あります。

また、探偵社によっては、いかなる場合でも着手金を請求する探偵社も存在します。

着手金が発生する場合は、予め探偵社より料金案内の際に説明はありますが、契約前にしっかりと着手金の有無について確認することが大切です。

延長料金について

延長料金は、基本的に依頼者(あなた)の了承を得て延長に入る探偵が一般的です。

着手金の確認と同じく、契約前に延長の可能性や延長をする際に連絡方法などを確認しておきましょう。

ご自身の状況に合わせた料金プラン選択を

探偵社には様々な料金プランがあることがお分かりいただけましたでしょうか?

探偵社の料金プラン、ご自身が持っている情報量と求める結果によって一概に「時間制が良い!」「成功報酬は辞めてください!」とは言い切れません。ここでは、事例を元に探偵比較コムが各料金プランに対する考え方をまとめています。
参考までにご覧ください。

例(1)目的は浮気している証拠がほしい

浮気をしている夫が週末の土曜日にデートに行くと分かっている場合

料金プラン項目考え補足
時間制調査時間、移動コストなどの想定ができるため見積もりに大きな誤差が出ない可能性がある延長の場合、割高になる可能性があるので、その際の料金プランの確認が必要
パック制1日パックなどの料金プランを用意している探偵社なら割安になる可能性がある予定通りにデートへ行かなかった場合、追加で1日となる可能性がある
成功報酬成功の定義と成功報酬金額による成功報酬金額によっては割高になる可能性が有り

例(2)目的は格安で浮気している証拠がほしい

夫は浮気をしている・・・でもいつ浮気をしているか分からない・・・

料金プラン項目考え補足
時間制情報が少ない中での調査になり予算と時間が多くかかる可能性がある経験値が高く短い時間で動ける探偵を見つける必要があります
パック制数日単位のパックを使うことで料金を抑えられる可能性がある長期調査になる可能性があるので、時間単位で日を変動できる探偵社が必要です
成功報酬成功の定義と成功報酬金額による成功報酬金額によっては割高になる可能性が有り

例(3)目的は裁判で使える証拠がほしい

妻が浮気をしている・・・平日の昼間に動いているらしい・・・

料金プラン項目考え補足
時間制目的と浮気現場が分かるのでおおよその見積もりが可能であり延長のリスクも計算できる可能性がある裁判に使える証拠を時間内に抑えられるかがポイント
パック制数日単位のパックで時間制より料金を抑えられる可能性がある裁判に使える証拠では余裕を持ったパックにするのがポイント
成功報酬成功の定義は裁判に使える証拠なので、成功報酬金額による成功の定義が明確なので割安になる可能性あり

総額費用は?

調査時間や日数、経費やプランによって総額費用は変動しますが、結局のところお金は調査総額いくらかかるのか?といった声を頂くケースがあります。

合計総額は求める結果によって様々となり、合計調査費用の10万~120万と状況により大きく開きがあります。

もちろん、25万を超える調査は1日で終わるケースはほぼなく2日~3日間でプロの調査が行われますが、悪徳な探偵業者が存在している事実もありますので、探偵に調査を依頼する際は費用の全体像を把握し、適切な探偵事務所を選ぶようにしましょう。

探偵比較くん

1社の見積もりのみで判断せず複数社の見積もりを見て自分に合う探偵を見つけることが、良質で調査コストを抑えられる探偵事務所と出会う秘訣だね!

求める結果と調査費用

求める結果によって調査費用は異なります。例として浮気調査で4つの項目に分けますと、

  • 離婚を目的とした浮気調査
  • 慰謝料を目的とした浮気調査
  • 浮気相手と別れてもらう為の浮気調査
  • 浮気相手から慰謝料をもらう為の浮気調査
  • 予算内で分かる範囲の浮気調査

など、浮気調査で求める結果は人により様々となり、目的・求める結果によって調査人数・日数・時間、機材、車両数も異なります。

このようなことから、情報や目的はしっかりと伝える必要があります。
とある情報は教えなかった・・・などにより調査費用が話した段階より増えてしまっている・・・という場合もあります。

相談時や面談時には必ず、調査の目的や求める結果などを包み隠さず話し、相談することをお勧めします。

調査人数と成功率の関係

浮気調査、素行調査は調査人数を増やすことにより成功率は上がります。

ただし、調査費用も人数が増えることによって増していきますので、調査人数と探偵社の調査力(技術力)のバランスを考慮して見積もりを見ることをお勧めします。

調査人数と成功率の関係

浮気・素行調査の場合  2人~の調査員が一般的です。

県外等の遠方の場合や難易度が高い調査(車での長距離移動、国外への移動など)の場合は2名~5名で調査を行うケースが多くあります。

まとめ

調査費用は目的により異なりますので、一概に見積もりが高い、安いと判断しにくいことになりますが、時間や経費の料金相場はありますので探偵の提案や調査力(技術力)、実績などを照らし合わせて料金の適性を判断することが大切です。

ただし、調査力(技術力)が見えにくい業界ということもあり、法外な値段を請求する業者が存在することは事実です。

また、業界最安値など、この探偵の調査費用と相場ページを確認していただき、適正価格で良心的な探偵社を見つけられる手助けになれば幸いです。

自分で探偵事務所を探すより時間も!価格も!お得に!

浮気調査を見積もり例

「430,000円」「350,000円」になった例もあります!

探偵比較くん

※あくまで一例となります。調査内容により料金は変動します。

調査費用の相場

お問い合わせ 全国対応