月間利用者数1,000件突破!最短30分で見積もり可能!
0120-783-727

【全国対応】大手探偵から小規模優良探偵まで
費用・サービスプランがピッタリな探偵事務所をご紹介

0120-783-727

土日祝日も相談可能 電話受付 9:00~20:00

探偵に相談するときは探偵の"ここ"をチェック

投稿日:2016年04月22日

カテゴリ:

チェックアイコンを持った女性
探偵比較くん

人生で多くは利用しないサービス(調査依頼)だから良い探偵の基準って言っても分かりにくいですよね。初めて探偵を利用する人は是非ご覧ください。

もしあなたが探偵社へ依頼を考え面談の予約を取り近日に面談に行く場合や面談後で探偵社への不安があれば、「探偵に相談するときは探偵の"ここ"をチェック」の記事が役に立つ可能性があります。

探偵との面談前は調査対象者への不信、心配、不満、動揺等の感情が占め、気を落とされている方が多くいらっしゃいます。

そのような時こそ安心して調査を任せられる探偵社が心の支えになり、良い探偵社と出会うことで、下向きだった気持ちが前を向くことができ、探偵社との良い連携で成功する調査となっていきますので、是非、成功する調査に向けて面談前、面談後にこの記事を読んでいただきたいと思います。

面談場所はあなたにとって最適な場所ですか?

探偵社に相談する内容は、人生を左右しかねない重要なことであり内密な相談しますので、面談場所は重要なポイントになってきます。
また、しっかりと営業している探偵社か?などのチェックも面談時に可能になります。

面談場所が探偵事務所の場合

探偵社と依頼者の状況により面談場所は異なりますが、可能であれば探偵事務所で面談を行うことをお勧めします。 探偵事務所は管轄の公安委員会より交付された探偵業届出証明書を目立つ場所に掲示する必要があります。 探偵業届出証明書が目立つ場所で確認できない場合は、届出を行っていない不正行為をしている探偵の可能性がありますので、面談場所が探偵事務所の場合は必ず探偵業届出証明書を確認しましょう。

また、事務所での面談では探偵事務所の雰囲気を感じることで、任せても大丈夫だろうか?という目線で探偵事務所を精査すると良いでしょう。アパートの一室で生活感が感じられた・・・などの事務所も存在します。もちろん、調査技術とは関係が無い所ですが、内密であり重要なことを話す場所ですので、相談者に配慮がある事務所か?など、しっかりとチェックしておきましょう。

面談場所が喫茶店などの場合

希望の面談場所が外(喫茶店など)である場合、探偵事務所以外で面談を行うことが可能です。また、お住まいから離れた場所に事務所を構える探偵社の場合は外での面談をすることがあります。その際には、依頼者(あなた)の状況を考慮して面談場所を選択してくれたか?を判断してみるといいでしょう。

浮気調査を行うのに調査対象者が行動しているであろう地域に近い場所や探偵社都合による場所指定ではないか、あなたの状況を考慮し面談場所を選択してくれる探偵社を選びましょう。

相談員と調査員は安心して任せられそうな人なのか?

男性と女性

探偵社との面談時は、相談員又は調査・相談員と話すことになりますが、その人柄はあなたにとって信頼関係が築けると感じるかが重要なポイントになってきます。なぜならば、調査を行う際は時間がかかることが多く、調査員との連絡は一回で終わることはありません。また、面談後に感じた疑問を気軽に聞くことができる人、探偵社なのかも重要なポイントになります。

調査内容によっては調査対象者の個人情報(氏名・所属会社等)を開示しますので、信頼関係を築けるのか、といった部分は非常に重要になってきます。

どんなに実績や技術があるといってもあなたが安心して任せられる、また気軽に連絡が取れる探偵でないといけません。

違法行為に当たる提案をされないか?

  • 別れさせ工作員を使い別れさせましょう
  • 憎い相手に復讐をしましょう
  • 銀行データの確認をしてどれだけお金があるか調べましょう
  • 浮気相手からも慰謝料を取り調査費用を削減しましょう

依頼者の心理につけ込む違法な提案をする悪質な業者は存在します。真実を掴むためと言われても違法行為をして裁判沙汰になったら本末転倒になりますので、くれぐれも違法な提案をする探偵とは契約をしないでください。

依頼者も罪となるケースもあります

依頼した探偵が違法な行為を行った場合は、依頼者も罪になるケースはあります。また、悪質な業者に依頼をすると依頼者に申告せず違法行為を行うケースもありますので、くれぐれも違法行為に当たる提案にはご注意ください。

調査費用についてしっかりとした説明は?

時間制の料金・パック制料金・成功報酬型と大きく分けて料金システムは3つあり、探偵社によって料金設定は異なりますので、検討する探偵社の料金プランを把握して面談に向かい、その上で調査費用の説明を聞きましょう。

調査費用の説明を受けた後で、この記事を読まれている場合は探偵社のホームページを確認し料金プランに沿った提案なのか確認してみると良いでしょう。

調査費用の説明では、

  • 調査日数(時間)での金額
  • 調査員の人数でのかかる金額
  • 諸経費の推測金額
  • 延長になった場合の金額
  • 車輌費・機材費
  • 報告書作成費

の説明は必ず受けます。
そして、延長や調査員の人数を増やす場合など、了承を得てから増やすのか、または探偵社の判断により増やすのか確認しておくと良いでしょう。

料金の説明は具体的にどれぐらいかかるのか?必ず聞くことにしましょう。
延長や諸経費などで見積もりに含まれない費用を請求された悪質な事例などもありますので、費用の説明はしっかりと説明してくれる探偵社か、また料金の説明を丁寧に分かりやすく説明をしてくれる探偵社か見極めましょう。

契約及び着手金を急かされないか?

「今すぐ調査を行いましょう。手遅れになります。」
この言葉が最もな状況も考えられますが、その言葉とは裏腹に契約を急ぐ行為、更には着手金を早く支払ってもらおうという言葉は隠れていませんでしたか?

調査内容により長期の調査が必要な場合や探偵事務所の都合上、着手金が発生する場合はありますが、着手金を本日中に入金しないと動けない、今スグ支払ってほしいなど急かす悪質な業者もいるので注意しましょう。

法外な調査費用になっていませんか?

見積もりを見てビックリ!
調査員が2人なのに調査費用が2日で100万円を超えている・・・

スグ調査を行わなければならない方達の弱みにつけ込み、通常より高い調査料金を見積もる探偵社も存在します。 その価格が適正かの判断は様々な探偵を比較しないと分らないものですが、大まかな基準は探偵比較コムの調査費用と相場で案内をしていますので、合計調査費用の目安にご覧ください。

探偵業法に基づいた重要事項の説明は受けましたか?

説明

契約前に必ず依頼者(あなた)が聞く内容になり、探偵業法では「重要事項の事前説明」が義務付けられています。これらの説明が省略されていないか必ずチェックが必要です。

探偵社が守るべき法であり、事務所の規模が関係なく必ず説明をすることになっています。重要事項の事前説明では

  • 契約解除の説明
  • 料金説明
  • 調査内容の説明

の説明を受けます。調査をするに当たって特に重要となる内容を必ず説明を受ける必要があり探偵社も説明をする義務があります。

また、説明をした料金、料金概要、着手金の有無、調査内容等を契約書に明示されているのか、しっかりとチェックしてください。 もし、重要事項の事前説明や契約書が無い探偵の場合は、違法な調査をする可能性や届出書を公安委員会に提出していない可能性も考えられるので、この手続きをしっかりと行う探偵社を選ぶようにしましょう。

まとめ

調査料ばかりではなく「事務所」「人柄」「親身な提案」「見積もりの透明性」「法へのモラル」などの観点から探偵社を判断する必要があります。悪質な探偵社に騙されることがないように依頼者側も探偵社を見極めましょう!

探偵比較コム編集部  探偵コム君

探偵比較コムにお問い合わせ頂くお客様からよくある質問や注目度が高い相談内容などを探偵比較コム編集部が記事にして配信!探偵を使って悩みが解決できる問題は探偵比較コムにお任せください。

  • お電話でのご相談
    0120-783-727
    「無料相談をしたい」とご連絡ください
  • メールでのご相談
    探偵のことならなんでもご相談ください

自分で探偵事務所を探すより時間も!価格も!お得に!

浮気調査を見積もり例

「430,000円」「350,000円」になった例もあります!

探偵比較くん

※あくまで一例となります。調査内容により料金は変動します。